無料ブログはココログ

« ソクラテスの妻は悪妻ではなかった!? | トップページ | エマーソンの読書法則 »

2014年4月27日 (日)

エリーゼの正体

170pxtherese_malfatti_anonymus    1810年のこの日、ベートーヴェンが「エリーゼのために」を作曲した。ベートーヴェンのピアノ曲「エリーゼのために」はクラシックファンならずとも多くの人に知られている。たとえばカテリーナ・バレンテやザ・ピーナッツの「情熱の花」はアレンジ曲であるし、ザ・ヴィーナスの「キッスは目にして」や千葉ロッテマリーンズの応援にも使われる。ところでエリーゼ(Elise)とは誰だろう。ベートーヴェンがこの曲を作ったときのタイトルは「テレーズのために」だった。ベートーヴェンの字があまりに汚いために「テレーズ」が「エリーゼ」と誤読されたらしい。エリーゼの正体は貴族の娘テレーズ・マルファティ(1792-1851)嬢で当時18歳だった。(Therese Malfatti,Beethven)4月27日

« ソクラテスの妻は悪妻ではなかった!? | トップページ | エマーソンの読書法則 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

そうですか?「エリーゼのために」は「テレーズのために」だった・・?(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソクラテスの妻は悪妻ではなかった!? | トップページ | エマーソンの読書法則 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31