無料ブログはココログ

« 「明治は遠くなりにけり」の句 | トップページ | ジス・イズ・ア・ペン(これはペンです) »

2014年4月 1日 (火)

心もよう

Yuza030

    新入社員の歓迎会、先輩が「♪さみしさのつれづれに手紙をしたためています~」とカラオケで歌う。若者が「その曲、ナンの歌?」最近の人は井上陽水を知らないらしい。ある調査によれば、新入社員とジェネレーションギャップを感じる話題で第1位は「カラオケの選曲」である。かぐや姫「神田川」、風「22才の別れ」、中島みゆき「わかれうた」、アリス「帰らざる日々」など。ニューミュージックという名前の古い歌。

« 「明治は遠くなりにけり」の句 | トップページ | ジス・イズ・ア・ペン(これはペンです) »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

「神田川」「わかれうた」「22才の別れ」が懐メロですか〜。隔世の感がありますなぁ。私達が「青い山脈」「別れの一本杉」などを子供の頃「懐かしのメロディー」で聞いたのと同じように、生まれる前の歌なのでしょうね、若い人にとっては。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「明治は遠くなりにけり」の句 | トップページ | ジス・イズ・ア・ペン(これはペンです) »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30