無料ブログはココログ

« 親の七光り | トップページ | 地名の由来「ボン」 »

2014年4月20日 (日)

映画とヌードシーン

Imagen001   映画における最初のヌードシーンの1つとして、チェコ映画グスタフ・マハティ監督「春の調べ」(1933)がよく知られている。美人女優へディ・ラマー(1914-2000)が全裸で泳ぐ場面が話題となった。だがこれより17年前、ハーバート・ブレノン監督「神の娘」(1916)でアネット・ケラーマン(1887-1975)がフルヌードを披露している。ケラーマンはもともと水泳選手で、「映画界のヴィーナス」といわれ、「海の女皇」「女性の好物」「海底のヴィーナス」などの作品に出演している。

Wfpkela02217x300
   アネット・ケラーマン 

   無声時代にもヌードが盛んに現れたようで、フルヌードではないがジョージ・プラット監督「インスピレーション」(1915)でもモデルのヌードが見れる。

Audrey_munson_as_nude_art_model_in_

  日本映画初のヌードシーンは吾妻光(のちの大仏次郎夫人、1898-1980)主演の「幻影の女」(1920)といわれる。

 

« 親の七光り | トップページ | 地名の由来「ボン」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 親の七光り | トップページ | 地名の由来「ボン」 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30