無料ブログはココログ

« もしもしアワー、お知恵拝借 | トップページ | 広辞苑で何故「アーヴィング」が1ページ目にくるのか? »

2014年4月 3日 (木)

1930年ハリウッド速報「アカデミー賞出来レースに非難の声」

Po07
   メアリー・ピックフォード

    1930年4月3日、第2回アカデミー賞はアンバサダー・ホテルで開催された。初期のアカデミー賞は晩餐会が中心で、食事の合間に5分間程度の発表が簡単に行われた。作品賞は予想どおりトーキー作品初の「ブロードウェイ・メロディ」だった。主演女優賞は「コケット」のメーリー・ピックフォード(1893-1979)、「マダムX」のルース・チャタートン(1892-1961)、「煩悩」のベティ・カンプソン(1897-1974)、「手紙」のジーン・イーグルス(1890-1929)、「ブロードウェイ・メロディー」のベッシー・ラヴ(1898-1986)こ5人が候補者だった。ジーン・イーグルスはブロードウェイの名女優だったが前年に急死していた。結果は「アメリカの恋人」といわれたメアリーが受賞した。彼女のキャリアからすれば当然のことのように思われたが、初めてのラジオ放送を聴いた多くの街の市民の反応は違っていた。映画「コケット」が不評だったからだ。新聞もメアリーがアカデミー会長ダグラス・フェアバンクス夫人であること、受賞前に関係者にパーティーを開いていたこと、ユナイテッド・アーティスツ社の圧力が働いたことなど、賞に不正があったことが暴露され、非難の声が高まった。協会では翌年からは会員による投票制度にすることを決定し事態は沈静化した。この受賞騒動でメアリーの人気も凋落し、3年後には映画界を引退している。(ケペル特派員)

 

Chatterton Bcmu7txfwsrhwfr7
  ルース・チャタートン   ベティ・カンプソン

Photo 936fullbessielove
  ジーン・イーグルス      ベッシー・ラヴ

« もしもしアワー、お知恵拝借 | トップページ | 広辞苑で何故「アーヴィング」が1ページ目にくるのか? »

女性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もしもしアワー、お知恵拝借 | トップページ | 広辞苑で何故「アーヴィング」が1ページ目にくるのか? »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30