無料ブログはココログ

« ギリシャか、ギリシアか、それが問題だ | トップページ | ギニョールの歴史 »

2014年3月25日 (火)

ノヴァーリス「青い花」

Grafiknovalis   1801年のこの日、ドイツの詩人・小説家ノヴァーリスの忌日。本名フリードリヒ・フォン・ハルテンベルク。ノヴァーリスという筆名はラテン語で「新開墾地」を意味する。1794年当時12歳のゾフィー・フォン・キューンと出会い、翌春に婚約したが、2年後に彼女は世を去った。ゾフィーをしのび彼岸の憧憬を歌う詩集「夜の讃歌」(1800)なとを書き、さらに長編小説「青い花」(原題は「ハインリッヒ・フォン・オフターティゲン」)に筆を染めたが、病のため中絶し、29歳で没した。Novalis、Heinrich Von Ofterdingen

« ギリシャか、ギリシアか、それが問題だ | トップページ | ギニョールの歴史 »

「世界文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ギリシャか、ギリシアか、それが問題だ | トップページ | ギニョールの歴史 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31