無料ブログはココログ

« 三つのより糸 | トップページ | 「潮騒」と神島 »

2014年3月 3日 (月)

立子忌

赤とんぼ葉末にすがり前のめり

 

8_photo08    細い葉の先に一匹の赤とんぼがとまり、前のめりになりながらも、落ちまいとして必死にしがみついているようだ。小さな生き物の営みの1つ1つを見つめる、女性らしい優しさと感性が伝わる句である。星野立子は高浜虚子の次女。昭和期の俳人。虚子の客観写生による花鳥諷詠に従い、そのうちに女性らしい繊細な感覚を見せる句風が特徴。

« 三つのより糸 | トップページ | 「潮騒」と神島 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三つのより糸 | トップページ | 「潮騒」と神島 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30