無料ブログはココログ

« 立子忌 | トップページ | うどん派vsそば派 »

2014年3月 3日 (月)

「潮騒」と神島

07819img_2030_2   鳥羽港から定期船に乗ると、遠くに美しい三角形の島が見える。ここが神島(かみじま)だ。標高171メートルの灯明山を中心に島全体が山地で一見険しそうだが、島内各所の遺跡から奈良・平安時代の唐鏡や和鏡が出土し、島は伊勢神宮(神の里)を守る島だったといわれる。三島由紀夫『潮騒』の舞台として知られ(小説では歌島となっている)、神島灯台、監的哨跡、八代神社など訪れる人も多い。映画「潮騒」では、船揚場前は島の若者新次が初江を見初めた場所。八代神社も248段の階段を新次が登っていくシーンなど重要な場面で使われている。10月にはサシバ(鷹)とアサギマダラ(蝶)の渡りが見られ、毎年この時期には「観察会ネイチャーランド神島」も開催される。

« 立子忌 | トップページ | うどん派vsそば派 »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 立子忌 | トップページ | うどん派vsそば派 »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31