無料ブログはココログ

« 一粒の麦 | トップページ | 手を上げて横断歩道を渡ろう運動 »

2014年3月14日 (金)

ササン朝とローマ帝国

Img_0021

  ササン朝(226-651)は、アルデシール1世がパルティアを倒して、クテシフォンを都に新しく開いた王朝である。アケメネス朝治下のペルシア帝国の復興をめざし、イラン民族の伝統宗教であるゾロアスター教を国教に定めて、国家の統一をはかった。シャープール1世は東方のクシャーナ朝を破ってアフガニスタンに進出し、西方ではエデッサの戦い(260)でローマ皇帝ウァレリアヌスを捕虜とした。その後、カッパドキアまで進んだが、パルミラの軍に敗れてユーフラテス川以東に後退した。3世紀末、パルミラの女王ゼノビアはローマと戦うが捕虜となってローマへと連行され凱旋式で市内を引き回された。ゼノビアは再婚し長く生きたともいわれるが、パルミラは破壊され廃墟となった。6世紀ホスロー1世のときササン朝は最盛期を迎えるにいたった。7世紀半ばにアラブのイスラム軍が来襲して、ニハーヴァンドの戦い(642)でイスラム軍に完敗し、ササン朝は滅亡した。

« 一粒の麦 | トップページ | 手を上げて横断歩道を渡ろう運動 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一粒の麦 | トップページ | 手を上げて横断歩道を渡ろう運動 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31