無料ブログはココログ

« 現今の民間史学について | トップページ | 旭國斗雄と柏原喜八 »

2014年3月26日 (水)

2人のモネ夫人 カミーユとアリス

Photo_7    朝ドラ「純と愛」126話。兄の剛がめずらしく純に励ましの言葉をかける。「画家のモネは奥さんをなくしたときも、その妻の顔をスケッチしたんだって。一番辛いときもモネはモネなんだよね」。クロード・モネにはカミーユと後妻のアリスという妻がいた。どちらの話だろうか。オルセー美術館に「死の床のカミーユ」(1879年)がある。若い頃のモネはモデルを雇うお金がないこともあって、モネの描く人物画は、ほとんどカミーユがモデルをしている。長男を出産したあと、カミーユは乳癌で32歳で亡くなっている。モネは後年、友人のクレマンソーに語っている。「私は無意識的に死によって変化してゆくカミーユの顔色を観察しているのに気がついた。彼女との永遠の別れがすぐそこに迫っているので、カミーユの最後の姿を捉え頭に記憶しようとしたのは自然だったのだろう。しかし私は、深く愛した彼女を記憶しようとする前に、彼女の変化する顔の色彩に強く反応していたのだ」。 

   「緑衣の女性」「日傘の女」などのモデル、カミーユ・ドンシュー(1847-1879)。後妻のアリス・オシュデ(1844-1911)は67歳まで生きたが、やはりモネが最後を看取ることになった。(Claude Monet,Camille Doncieux,Alice Hoschede) 

Img_0008 Photo_alice_hoshede
   カミーユ・ドンシュ      アリス・オシュデ

« 現今の民間史学について | トップページ | 旭國斗雄と柏原喜八 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

モネの妻カミュー、後妻のアリス・・・
なるほどなあ・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 現今の民間史学について | トップページ | 旭國斗雄と柏原喜八 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30