無料ブログはココログ

« ノヴァーリス「青い花」 | トップページ | 知られざる首都チェルケスク »

2014年3月25日 (火)

ギニョールの歴史

Guignolvk051    ギニョールとは手の5指で人形の頭と両手、またときには胴、脚をあやつり、あやつる5指は人形の衣装を袋式にかぶせるのが本来で、マリオネットや影絵芝居にくらべて、いちばん操作の平易なものである。その分布も全世界に存在し、イタリアではブラッティーニ、ドイツではカスペルレ、イギリスではパンチと呼ばれる。 

    1808年フランスのリヨンの絹織物工ローラン・ムゲル(1769-1844)によって作られた。革命後、ムゲルは抜き歯屋を始め、当時は麻酔などないので、自作で人形を作り、その人形に気をまぎらせて、患者の歯を抜いた。それがギニョールの始まりである。もともと人形の主人公の名前であったが、やがて操り人形を総称してギニョールと呼ばれるようになった。Guignol,Laurent Mourguet ,Lyon

1250154049367

« ノヴァーリス「青い花」 | トップページ | 知られざる首都チェルケスク »

「民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノヴァーリス「青い花」 | トップページ | 知られざる首都チェルケスク »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30