無料ブログはココログ

« 兼六園の雪吊り | トップページ | たけしの新・世界七不思議 »

2014年3月 1日 (土)

音楽のサビの語源はワサビ

  窓ガラス流れ落ちてゆく雨を細い指先でなぞってみる・・・・・サビの部分、「♪愛はかげろうつかの間の命 激しいまでに燃やし続けて」

Ue1m   「サビ」とは何か。広辞苑には「歌謡曲で、他より強調された聞かせどころの部分」とある。一般に曲の中で、一番盛り上がる部分をさす。この「サビ」の由来はワサビからきている。すし屋などで「サビを利かす」と言うが、「音楽を聴かす」という言い方が掛けられて、曲の一番聴かせたい部分をサビと呼ぶようになった。ちなみに、サビは英語でブリッジbridgeという。1番2番の歌詞に共通部分があるので、リフレインrefrainという言い方もある。

« 兼六園の雪吊り | トップページ | たけしの新・世界七不思議 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 兼六園の雪吊り | トップページ | たけしの新・世界七不思議 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30