無料ブログはココログ

« 東京駅100年 | トップページ | 16トン »

2014年3月19日 (水)

酒杯と歌

Azamin_2003img600x4501388160936kzdp    本日は「ミュージックの日」。映画「プリティ・ウーマン」(1990)といえば、ロイ・オービンの主題歌が有名ですが、感動のラストシーンに流れていた曲はヴェルディの歌劇「椿姫」だった。ジュリア・ロバーツとリチャード・ギアがサンフランシスコのオペラハウスで「椿姫」を見るシーンもある。第1幕第2章で歌われるのが「乾杯の歌」。「楽しもう 酒杯と歌は夜と笑いを美しくするのだ。この楽園の中で新たな日が、私たちを見出すように」映画「オーケストラの少女」(1937)でも最後にディアナ・ダービンが喜びの涙で頬を濡らしながら歌い続ける。

« 東京駅100年 | トップページ | 16トン »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京駅100年 | トップページ | 16トン »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30