無料ブログはココログ

« 学者は頑固で自説は変えない | トップページ | 汝自身を知れ »

2014年3月11日 (火)

ワーズワースの落書き

  ウィリアム・ワーズワース(1770-1850)はイングランド北部の町カンバーランドのコッカマスで5人兄弟の次男として生れた。コッカマスの生家は現在も残っている。8歳のとき母親が死に、ウィリアムはエスウェイ湖の村ホークスヘッドへ寄宿生活をする。9歳から17歳までグラマースクール(16世紀創設の古い学校)に入れられた。この間に親しんだ美しい湖水地方の自然が彼の生涯に大きな意味をもった。教室には今もワーズワースの落書きが残されている。

Hawksheadd70552
 グラマースクール
 

Hawksheadgrammarschool4
 ワーズワースの落書き

 

Cockermouth_house01
 コッカマスの生家

« 学者は頑固で自説は変えない | トップページ | 汝自身を知れ »

「世界文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学者は頑固で自説は変えない | トップページ | 汝自身を知れ »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30