無料ブログはココログ

« 酒杯と歌 | トップページ | 画人龍子と俳人茅舎 »

2014年3月19日 (水)

16トン

41hf2h10mcl__sl290_    この歌はマール・トラヴィスが鉱山で有名なケンタッキー州のミューレンバーグで少年時代を過ごした経験を元に、当時の炭鉱夫の苦しい生活を描いている。カントリーのテネシー・アニー・フォード(画像、1919-1991)が1954年に歌い、全米チャートで6週連続1位の大ヒットとなった。日本では1956年、フランク永井が低音の魅力で歌った。「♪エーン、ヤッサノサ、エンヤサ 俺らの荷物は重いぞ重いぞ もうすぐソレ墓場だ 16トン」Sixteen Tons,Tennessee Ernie Ford

« 酒杯と歌 | トップページ | 画人龍子と俳人茅舎 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 酒杯と歌 | トップページ | 画人龍子と俳人茅舎 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30