無料ブログはココログ

« デルマーバ半島 | トップページ | 最初の探検家コラエウス »

2014年2月 7日 (金)

ロンボク海峡

Photo_4

    ダーウィンの進化論に共鳴するイギリスの博物学者アルフレッド・ウォーレス(1823-1913)は、インドネシアのバリ島とロンボク島、ボルネオ島とスラウェシ島、ミンダナオ島とモルッカ島の境目に線をひき、西側は東洋区の生物、東側はオーストラリア区の生物が分布することを発見した。これをウォーレス線と呼ぶ。オランダの動物学者マックス・ウェーバー(1852-1937)は貝類や哺乳類の分布の違いを基準に1902年にウェーバー線を提唱した。この2つの境界線はどちらも間違いではない。ウォーレス線の西側は東洋区、ウェーバー線の東側はオーストラリア区である。この2つの線の間は、東洋区とオーストラリア区の両方の生物が見られるので、この混じり合った地域をウォレシアと呼ぶ。

Photo_3

« デルマーバ半島 | トップページ | 最初の探検家コラエウス »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デルマーバ半島 | トップページ | 最初の探検家コラエウス »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30