無料ブログはココログ

« ヨンキント | トップページ | 大岡裁きとソロモン »

2014年2月 2日 (日)

ロビンソン・クルーソー

Photo_2    1709年のこの日、スコットランドの航海長アレキサンダー・セルカーク(1676-1721)が大西洋の無人島から発見された。10年の後、ダニエル・デフォーはこれを題材として小説「ロビンソン・クルーソーの生還と奇しくも驚くべき冒険」を刊行した。小説は実際にセルカークの実話を基にしている。セルカークは4年4ヵ月間にこの島で自給自足の生活をしていたが、海賊船に救助された。現在この島はロビンソン・クルーソー島(旧名マサティエラ島)と命名されている。ちなみにグアム島の日本兵・横井庄一も1972年の同日に帰国している。(Robinson Crusoe,Alexander Selkirk)

« ヨンキント | トップページ | 大岡裁きとソロモン »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヨンキント | トップページ | 大岡裁きとソロモン »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31