無料ブログはココログ

« ロンボク海峡 | トップページ | 案山子(かがし)の由来 »

2014年2月 7日 (金)

最初の探検家コラエウス

    地中海を渡って、最初に大西洋に達した人は誰か。すでに紀元前2000年紀にはフェニキア人が地中海貿易で活躍し、イベリア半島にも進出していたのでおそらくフェニキア人だろう。前1100年にはタルテッソスと交易を行なってガディス(カディス)を建設した。だが記録に残っている人はギリシア人のコラエウス(Colaeus)が前630年、エーゲ海のサモスを出発し、エジプトに向かったが、東風によって航路から外れ、地中海を横切り、ジブラルタル海峡を通ったとある。こうして、コラエウスは大西洋に達した最初のギリシア人となったのである。南スペインのタルテッソスに上陸して積荷を売った。小アジアに帰ったあと、コラエウスの発見の報告は、エーゲ海とスペインのあいだの貿易のための道を開いた。

« ロンボク海峡 | トップページ | 案山子(かがし)の由来 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロンボク海峡 | トップページ | 案山子(かがし)の由来 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31