無料ブログはココログ

« 世界の言葉で「日本」はなんて呼ばれているのか? | トップページ | ナスカの魔女マリア・ライへ »

2014年2月 6日 (木)

風連湖と春国岱

10_3_20060308104213    北海道根室市と野付郡別海町にまたがる風蓮湖(ふうれんこ)。春と秋には、1万羽を超すオオハクチョウ、ヒシクイ、コクガンなどが渡来する。風連湖の東の端に、湖をオホーツク海から隔てる長さ約8㎞の砂州、春国岱がある。アカエゾマツ林は世界でも珍しいとされる。この道東の風蓮湖とは別に、かつて道北の上川郡に風連町(ふうれんちょう)があった。2006年に名寄市と合併し、町名は消えた。「蓮」と「連」との漢字の区別が紛らわしいが、正式には「風蓮湖」である。

« 世界の言葉で「日本」はなんて呼ばれているのか? | トップページ | ナスカの魔女マリア・ライへ »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界の言葉で「日本」はなんて呼ばれているのか? | トップページ | ナスカの魔女マリア・ライへ »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31