無料ブログはココログ

« 大蛇ティタノボア・セレジョネンシス | トップページ | プーチンの娘が可愛い »

2014年2月 8日 (土)

人生は人を欺かない

  嵐が主演の映画「黄色い涙」(2007)にモンテルランの詩がでてくる。 

人生を前にして 

ただ狼狽(うろたえ)るだけの無能な 

そして哀れな青春 

だがいま最初のシワが額による頃になって 

得られるのが人生に対する信頼であり 

この同意であり相棒 

お前のことなら分かっているよという意味のこの微笑だ 

いまにして人は知るのだ 

人生は人を欺かないと 

人生は一度も人を欺かなかった 

(モンテルランの無駄奉公 Service inutileの一説)

Henry_de_montherlant  アンリ・ド・モンテルラン(1896-1972)はフランスの貴族の生まれで行動主義と女性蔑視で知られた。初期は精力と健康を賛美する作家であったが、晩年になると孤独の影を書くようになる。失明の危険にさらされた絶望でピストル自殺した。(Henry de Montherlant)

« 大蛇ティタノボア・セレジョネンシス | トップページ | プーチンの娘が可愛い »

「世界文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大蛇ティタノボア・セレジョネンシス | トップページ | プーチンの娘が可愛い »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31