無料ブログはココログ

« 英国人物誌 | トップページ | 国境の町ゲルリッツ »

2014年2月25日 (火)

処女王 エリザベス1世

Imgbc350ce8zikdzj    1570年のこの日、ローマ教皇ピウス5世がイングランド女王エリザベス1世を破門にした。 

  当時のイングランドはまだまだヨーロッパの中では弱小国だった。スペインやフランスのような大国のはざまで、何とか国家の独立と発展を図ろうとしてた。エリザベスは、美人で独身と言う自分の魅力を最大限に発揮して、フェリペ2世のような有力者のプロポーズを受けるようなそぶりをして、気を持たせて、なかなか正式な返事をしないでじらしてじらして、相手から有利な条件を引き出そうと、自分の結婚を外交カードとして最大限利用した。結局、エリザベスは生涯誰とも結婚をしなかった。なぜ結婚しないのかときかれて、エリザベスは「私は国家と結婚していると言ったという。

« 英国人物誌 | トップページ | 国境の町ゲルリッツ »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 英国人物誌 | トップページ | 国境の町ゲルリッツ »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31