無料ブログはココログ

« ジョン・ウィリアムズ | トップページ | オードリー・ヘップバーンの2人の息子 »

2014年1月18日 (土)

樋口則義

100_higuchi31     樋口一葉の父、樋口則義(1830-1889)は小前百姓樋口八左衛門、ふさの長男として甲斐の国山梨郡中萩原村(現:甲州市塩山)に生まれた。幼名を大吉、後に大輔、八十吉、八代吉、八十之進、為之助などと称した。農業より学問を好んだ。一葉の文学的素質はおそらく父の影響であろう。侍になりたい志をもち、江戸にのぼり、菊地大助という旗本の家に入り、のちに八丁堀の与力・浅井竹蔵の株を買って幕臣となった。大吉が武士でいられたのは1年足らずだった。明治維新後、横滑りのような形で東京府記録方に勤務。東京府庁、警視庁での大吉の官位は最後まで九等官で終わった。最初の月給は10円、明治20年の警視庁退職時は25円だった。明治22年、則義は荷車請負業の事業は失敗し、失意のうちに死亡した。享年60歳。

« ジョン・ウィリアムズ | トップページ | オードリー・ヘップバーンの2人の息子 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジョン・ウィリアムズ | トップページ | オードリー・ヘップバーンの2人の息子 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31