無料ブログはココログ

« 如拙「王右軍書扇図」 | トップページ | コロンブスの卵 »

2014年1月28日 (火)

マリー・ロイド

Img_0005
ミュージック・ホールの楽譜に描かれたマリー・ロイド(1890年)

    ロンドンの下町に生れたマリー・ロイド(1870-1922)は1885年、15歳でミュージック・ホールでデビューするとヒットを連発して20歳前後には主なミュージック・ホールにかけもち出演するほどのトップ・スターとなった。その名声はロンドンだけでなく、パリ、ベルリン、ニューヨークさらにオーストラリア、南アフリカにまで及んだ。世紀末のイギリスを代表する三人の女性として、ヴィクトリア女王、ナイチンゲールと並んで彼女の名をあげる人もいるほどの著名人となった。だが1920年代の映画の時代の到来とともに多くのミュージック・ホールは衰退していき、彼女の栄光も人々の間から忘れ去られるようになった。1922年、マリー・ロイドは出演していた劇場の舞台で崩れるように倒れた。彼女が病んでいたことを知らなかった観客は、演技とばかり思いこんでいた。3日後に彼女の死去を告げる新聞売り子の叫び声に、ロンドンの繁華街の交通は一時止まったほどだったといわれる。

« 如拙「王右軍書扇図」 | トップページ | コロンブスの卵 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 如拙「王右軍書扇図」 | トップページ | コロンブスの卵 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30