無料ブログはココログ

« マホメット山へ行く | トップページ | 異性が魅力的に見える瞬間 »

2014年1月31日 (金)

楽園島ナウル

A5829659cb7678d09836cd85c6a14b66     1968年のこの日、太平洋に浮ぶサンゴ礁に囲まれた小さな島国ナウル共和国がオーストラリアから独立した。この国にはアホウドリの糞が長年堆積してできたリン鉱石が多く産出していた。採掘はほどんど外国人労働者に任せて、国民は仕事をせず年金暮らし。しかし繁栄を支えてきたリン鉱石も枯渇し、国家財政は破綻し、いまでは諸外国からの援助でなんとかやっている。島には産業もインフラもなく、働くことを知らない国民で再生への道はきびしいという。人は働かず、パラダイスで生きられるのかという、南国ならではの課題。リゾート観光立国として再建できないのだろうか

« マホメット山へ行く | トップページ | 異性が魅力的に見える瞬間 »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マホメット山へ行く | トップページ | 異性が魅力的に見える瞬間 »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31