無料ブログはココログ

« 「潮騒」(1971年版)千代子のほうが有名女優 | トップページ | 世界一美しい書店セレクシーズ・ドミニカネン »

2014年1月 2日 (木)

多田便利軒の悲哀

 ドラマ「まほろ駅前番外地」第2話「麗しのカラオケモデル、探します」。昔のレーザーカラオケのモデルに恋した男が、そのモデルを探してほしいという依頼を受ける。行天は「もう50過ぎのオバサンになっていんじゃない」という。依頼者は「黒木瞳だって51歳だ」という。多田と行天は女の所在をつきとめる。だが女は薬と酒で変わり果てていた(なんと風祭ゆきが演じている)。横浜でバーを開いていて、今夜だけ一回なら会ってもいいという返事がきた。依頼者が会った女性はカラオケそのままの若く美しい女性だった。多田は女の娘を身代りにしたてて、男の夢を叶えさせたのだった。ショート・ストーリーに人生のペーソスがあふれている。

« 「潮騒」(1971年版)千代子のほうが有名女優 | トップページ | 世界一美しい書店セレクシーズ・ドミニカネン »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「潮騒」(1971年版)千代子のほうが有名女優 | トップページ | 世界一美しい書店セレクシーズ・ドミニカネン »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31