無料ブログはココログ

« ネコはなぜネコという名がついたのか? | トップページ | 漢字一文字の題名の小説 »

2014年1月25日 (土)

ヒッチコック映画の美女たち

Diane_baker     ヒッチコックのサスペンス映画には美女が登場する。ジョーン・フォンテーン(レベッカ、断崖)、テレサ・ライト(疑惑の影)、イングリッド・バーグマン(白い恐怖、汚名)、グレース・ケリー(ダイヤルMを廻せ、裏窓、泥棒成金)、キム・ノバク(めまい)、ジャネット・リー(サイコ)、ティピー・へドレン(鳥、マーニー)などが代表的である。助演だが「鳥」のスザンヌ・プレシェットや「マーニー」のダイアン・ベーカーも加えてもいい。スザンヌ・プレシェットは惜しくも他界したが、ダイアン・ベイカー(画像)は75歳で現在もプロデューサーとして活躍している。目鼻立ちのはっきりした美人だが、映画では比較的地味で、ドラマ「逃亡者」最終回でキンブル医師と結ばれるジーン・カーライル役が印象に残る。

   映画「マーニー」はマーク(ショーン・コネリー)が経営する出版社に求人広告をみてやってきたマーニーは女泥棒だった。マークはそれを知りつつ彼女を雇い、やがて2人は結婚する。マークは彼女の犯行が一種の発作であり、その真因が子どものときに受けたショックにあるとつきとめる。赤い恐怖は売春をしていた母親の客を殺した血の色だった。ダイアンの演じるリルはマークの亡くなった妻の妹役で、マークとマーニーの恋路を邪魔するという役どこだった。


« ネコはなぜネコという名がついたのか? | トップページ | 漢字一文字の題名の小説 »

女性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネコはなぜネコという名がついたのか? | トップページ | 漢字一文字の題名の小説 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31