無料ブログはココログ

« タレスの金儲け | トップページ | ダ・ヴィンチとサンタマリア大聖堂の金球 »

2014年1月28日 (火)

無憂荘の蜘蛛

Ebp0701539b 18世紀プロシアの啓蒙専制君主・フリードリッヒ2世(フリードリッヒ大王、あるいはフレデリック大王)はベルリン郊外ポツダムに離宮を造り、サンスーシー(無憂荘)と名づけ、閑暇な日々を過ごしていた。ある日、この別荘で大王はいつものようにチョコレートを一杯飲もうとした。その時、ハンケチを忘れたことに気がついて寝室へ取りにいった。ところがその間に一匹の蜘蛛が天井から降りてきてチョコレートのカップの中に落ちた。大王はもどってきてそれを見て、取り替えるように料理番に命じた。すると銃声が鳴り響き料理番が倒れた。大王を毒殺しようとした料理番がばれたと思い自殺したのだった。「憂いなき」宮殿を建設した大王だったが、つねに暗殺の恐怖をだく孤独な人生だった。

« タレスの金儲け | トップページ | ダ・ヴィンチとサンタマリア大聖堂の金球 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タレスの金儲け | トップページ | ダ・ヴィンチとサンタマリア大聖堂の金球 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31