無料ブログはココログ

« コロンブスの卵 | トップページ | 竹中半兵衛の逸話 »

2014年1月28日 (火)

ナポレオンの猫ぎらい

504461616639     地中海に浮かぶコルシカ島には猫がたくさんいることで知られている。だがこの島で生まれて9歳までいたという英雄ナポレオンは猫が大キライだったそうだ。連隊長時代に壁に飾ったタペストリーの裏側に隠れていた猫を連隊旗で串刺しにして殺したという殺伐としたエピソードがある。おそらくナポレオンの猫嫌いは幼年時代のコルシカ島に始まると考えられるが、その理由は謎に包まれている。 

   酒は水で薄めたのを好み、たばこは「体に悪い」と吸わず、代わりにコーヒーをよく飲んだ。怒りっぽく、いつも神経をピリピリさせていたが、妻のジョゼフィーヌをこよなく愛し、その柔らかく、優しい声で疲れをいやしたことがよくあった。舞踏会などは苦手であった。読書家で睡眠は3時間というエピソードは有名だ。

« コロンブスの卵 | トップページ | 竹中半兵衛の逸話 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロンブスの卵 | トップページ | 竹中半兵衛の逸話 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31