無料ブログはココログ

« 頼朝の肖像画 | トップページ | ぞっき本 »

2013年12月28日 (土)

騒音主義

    年末は音楽番組を聴く。昨夜の幕張メッセの「ミュージックステーション・スーパーライブ2013」EXILE、GLAY、浜崎あゆみ豪華アーティストがSPメドレーを披露。弘中綾香アナのたどたどしい司会も可愛い。ゴールデンボンバーの股間で「M」の字をつくるパフォーマンス、いきものかがり「じょいふる」、ももいろクローバーZなど騒がしい音楽も楽しい。音楽事典に「騒音主義」という語がある。イタリアのルイージ・ルッソロやプラテラが20世紀初頭に騒音を用いて作曲した音楽わいう。騒音を意識的に楽曲中に取り入れた音楽で、レスピーギの「ローマの松」のナイチンゲールの声、ガーシュウィンの「パリのアメリカ人」の自動車の警笛、サティの「バラード」のタイプライターの音など効果的に楽曲に加えられている。日本の楽曲をみると、70年代フォークや80年代ニューミュージックまでは、比較的静かに聞かせる楽曲、井上陽水やさだまさし、のようなポップスが全盛であった。やはりサザンオールスターズ以降であろうか。騒々しい音楽が当たり前になった。大晦日の「紅白歌合戦」は騒音主義で盛り上がる。

« 頼朝の肖像画 | トップページ | ぞっき本 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 頼朝の肖像画 | トップページ | ぞっき本 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30