無料ブログはココログ

« 漱石とイプセン | トップページ | 人生の短さについて »

2013年12月20日 (金)

風船おじさん

10058898657    21年前、気球に乗って大空へ飛び立ったひとりの男がいた。ピアノ調律師、鈴木嘉和(1940₋行方不明)は1992年11月23日、滋賀県の琵琶湖周辺でテスト飛行中、「行ってきます」と言い残してそのまま飛び去ってしまった。「風船おじさん」として当時マスコミで取り上げられ話題になったが、消息は依然として不明である。鈴木は高校生のときフランス映画「赤い風船」を見ているので、その影響もすこしはあるかもしれない。「風船」ではなくファンタジー号という「気球」である。

« 漱石とイプセン | トップページ | 人生の短さについて »

人国記」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30