無料ブログはココログ

« オンドル | トップページ | イザベラ・バードの日本人通訳 »

2013年12月 7日 (土)

お軽・勘平

200906260632438e0   早野勘平は塩谷(えんや)家の譜代の家来だったが、判官が殿中で刃傷に及んだ日、判官の供をしていながら、たまたまかねて恋仲だった腰元のお軽と密会していたため、刃傷の場に居合わさず、不覚を取ってしまった。もはやこれまでと自害しようとしたが、お軽に止められ、本国から大星由良之助が帰るのを待って詫びをしようと、ひとまずお軽の実家へ落ちる。お軽の田舎で暮らすうち、誤って父与市兵衛を殺したと錯覚して勘平は切腹し、お軽は京祇園の一力茶屋へ身売りする。勘平が切腹するときに、「色にふけったばかりに」と後悔の述懐をする。勘平は身の潔白がたち、一味の連判に加えられて、その遺志は主君の敵討に参加する。一方、お軽が祇園一力茶屋の場で、二階から延鏡で由良之助の持つ手紙を見てしまう場面は「忠臣蔵」の中でも最も人気のある場面である。

« オンドル | トップページ | イザベラ・バードの日本人通訳 »

忠臣蔵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オンドル | トップページ | イザベラ・バードの日本人通訳 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31