無料ブログはココログ

« あたらしい時代 | トップページ | ナマズと地震 »

2013年12月25日 (水)

川端茅舎

  約束の寒の土筆を煮て下さい

Bousha_seinen1 病状が思わしくなく、なんとなく食欲がない。自分はいったい何が食べたいのだろうと自問したとき、以前約束しておいた「つくし」を思い出した。まだ冬で思うように手が入らないかもしれない。しかし、そんなことはどうてでもいい。とにかく「約束の寒のつくしを煮てください」

川端茅舎は若くして胸部疾患となる。10年以上も床に就く生活ののち、昭和16年、42歳で没した。茅舎の12歳上に異母兄の川端龍子がいる。父信吉は、和歌山の呉服商だったが、没落し、家族は上京する。寿山堂と号するほど芸術的趣味があり、兄弟の才能も父の影響が大きいものと思われる。

« あたらしい時代 | トップページ | ナマズと地震 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あたらしい時代 | トップページ | ナマズと地震 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30