無料ブログはココログ

« 金持ちと貧乏人 | トップページ | 酸素をつくる »

2013年12月22日 (日)

地元に帰ろう

O0375050011478973220   「あまちゃん」挿入歌の「地元に帰ろう」や「暦の上ではディセンバー」が未だに耳についてはなれない。先日「連続クイズホールドオン」(311回)にこんな問題があった。

   戦国武将の藤堂高虎にちなむ「藤堂とらまる」は毎年秋に行われる「高虎時代絵巻」を応援するなど地元に根付いていますがこのご当地キャラクターはどこのものでしょう?

岐阜市、大津市、津市、奈良市。

   だが4人のなかで正解者は一人もいなかった。「藤堂とらまる」の全国的知名度は低かった。わたしは関西人なので藤堂高虎が伊勢国津藩の初代藩主として津市の基礎を作ったことを知っている。やはりご当地ということは大きい。

   たとえば「草津」といえば、全国的には群馬県の草津温泉を思いうかべるだろう。だが関西人ならほとんどは滋賀県の草津である。東海道本線の関西の普通電車は西明石から草津を走っている。

   NHK地域発ドラマをBSで放送している。「田上(たなかみ)トパーズ」。「田上」とは新潟県田上町(たかみまち)や大津市田上町ではなく、滋賀県豊郷町が主な舞台だったのでややこしい。

« 金持ちと貧乏人 | トップページ | 酸素をつくる »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金持ちと貧乏人 | トップページ | 酸素をつくる »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30