無料ブログはココログ

« クイズ世界の国々 | トップページ | 鈴鹿峠の私雨 »

2013年12月21日 (土)

トウモロコシのキセニア現象

Mgzn082012    親から伝わった形質は、ふつう種子が育った子の植物に現れる。ところが、被子植物の胚乳は重複受精の結果できるので、受精の効果がすぐさま形質として現れる。たとえば、黄色粒トウモロコシの花粉が飛んで、白色粒トウモロコシり雄しべにつくと、トウモロコシの粒が黄色になる。この現象をキセニア(キセニアとは「もてなしがよく、すぐ受け入れる」の意味)という。xenia

« クイズ世界の国々 | トップページ | 鈴鹿峠の私雨 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クイズ世界の国々 | トップページ | 鈴鹿峠の私雨 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31