無料ブログはココログ

« ラスプーチン巨根伝説 | トップページ | 今年の漢字 »

2013年12月16日 (月)

皇后ジョゼフィーヌ

F0027   1809年のこの日、ナポレオンは子供が生れないことを理由に最初の妻ジョゼフィーヌと離婚した。ジョゼフィーヌは西インド諸島のマルティニク島の農園領主の娘。パリにでて結婚し、ボーアルネ子爵婦人となった。社交界ではおしゃべりで無教養な女と思われていたが、子爵との間には息子ウジェーヌ、娘オルタンスが生れた。しかし革命中、子爵は反革命分子として処刑された。彼女は総裁バラスの愛人となったが、ジョゼフィーヌに飽きたバラスはナポレオンに紹介した。1796年3月9日、ナポレオンと結婚した。ジョゼフィーヌは浮気であったが、ナポレオンは彼女を愛した。皇帝となったナポレオンは、世継ぎをえるため、ジョゼフィーヌと離婚し、ハプスブルグ家のマリー・ルイーズと結婚する。1811年、マリーはナポレオン2世を出産する。しかし翌年、ロシア遠征に失敗し、転落に追い込まれる。ジョゼフィーヌは、ナポレオンがエルバ島に流されていた間、マルメゾンの宮殿で死んだ。この知せを聞いたナポレオンは数日間ふさぎこんでいたという。ジョゼフィーヌはナポレオンにとっては勝利の女神だった。(Napoleon, Josephine)

« ラスプーチン巨根伝説 | トップページ | 今年の漢字 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラスプーチン巨根伝説 | トップページ | 今年の漢字 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30