無料ブログはココログ

« 行不由径(こうふゆけい) | トップページ | 横光利一忌 »

2013年12月29日 (日)

世阿弥と佐渡

   絶海の孤島に流された歴史上の人物は幾多いるが、能の大成者、世阿弥もその一人である。世阿弥は今でこそ後世の文化・思想への影響から高い評価を得ているが、その著書「十六部集」が発見されたのは1883年のことであり、それまでは能楽師の間でもほとんど忘れた存在だった。1374年、足利義満の前で舞い、認められ、また関白二条良基にも気に入られてた。やがて猿楽を室町時代の代表的芸能にまで道をきわめた。ところが将軍が義教の代になり、1434年、71歳の世阿弥は突然、佐渡に配流されることになった。義教のどういう忌避にふれたかわからないが、世阿弥の配流は「金島書」によりかろうじて解るだけで、公的記録に佐渡遠流のことは一切ふれていない。その後は許されて都に帰ったのか、そのまま佐渡で最期を迎えたのか詳しいこともわからない。

« 行不由径(こうふゆけい) | トップページ | 横光利一忌 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 行不由径(こうふゆけい) | トップページ | 横光利一忌 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31