無料ブログはココログ

« よく似たスペル adapt と adopt | トップページ | 現代かなづかい »

2013年11月21日 (木)

チューインガムの歴史

Adamsgum    ガムの製造・販売はアメリカ人のジョン・カーティス(1827-1897)で1848年のことで、パラフィンガムを発売した。昔から中部アメリカのネイティブ・アメリカンのマヤ族には、サポディラという木の皮に傷をつけてとった樹液のかたまり(チクル)を口でかむ風習があった。このチクルを原料として、香料などを加えたものがチューインガムである。このチューインガムは、1860年ごろ、アメリカ人トーマス・アダムス(1818-1905)によって初めて作られた。その後、改良されたものが、1869年にジョン・コールガンによって、さらに1892年にはウィリアム・リグレー・ジュニア(1861-1932)によって製造され、世界的に販売された。( chewing gum,Sapodila,John B Curtis,chicle,Thomas Adams,Willam Wrigley Jr)

Johnbcurtis
 ジョン・カーティス

William_wrigley_jr_1891
ウィリアム・リグレー・ジュニア

« よく似たスペル adapt と adopt | トップページ | 現代かなづかい »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« よく似たスペル adapt と adopt | トップページ | 現代かなづかい »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31