無料ブログはココログ

« 童謡がなぜ消えたのか? | トップページ | 子どもの県名認知度 »

2013年11月 3日 (日)

なぜヨーロッパ言語には男性名詞、女性名詞があるのか

Photo_4     フランス語を初め、ほとんどのヨーッパ言語は、同じひとつの言語から分化したと考えられ、そのもとになった言語(印欧祖語では、名詞は男性・女性・中性の3つの性に分かれていた。しかし時代が進んでいく過程で、名詞の性別も、フランス語やイタリア語などのロマンス系言語では男性・女性の2種類になり、英語では名詞の性は消滅した。フランス語でFilles(フィーユ)は「女の子」の意味で女性名詞なのは理解できるが、ドイツ語のMadchen(メートフェン)というのが、das(ダス)いう定冠詞がついて、中性名詞なのには、なかなか承服しがたものがある。

« 童謡がなぜ消えたのか? | トップページ | 子どもの県名認知度 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

言語にはお国柄の文化が反映してますね。

日本語の女言葉、男言葉は差別でもありましょうが、性別の奥床しさでもありましょう・・。(。・w・。 )

日本語も若者の間では、男女の性差言葉が消えつつあるように思います。

要するに、<ビジネス言葉>が中心になったためでしょう。

ブランド財布コピー、スーパーコピーバッグ、スーパーコピー時計

スーパーコピーブランド時計、財布、バッグコピー商品販売!ルイヴィトン、シャネル、グッチ、エルメス、ロレックス、オメガ全品無料配送!

弊社は「信用第一」をモットーにお客様にご満足頂けるよう、

発送前には厳しい検査を通じて製品の品質を保証してあげますとともに、
配送の費用も無料とし、品質による返送、交換、さらに返金までも実際 にさせていただきます。
また、従業員一同、親切、丁寧、迅速に対応 させて頂き、ご安心になってお買い物を楽しんでくださるよう精一杯力 を尽くしていくつもりです。
是非ご覧ください!
営業時間:年中無休
ホームページ上でのご注文は24時間受け付けております

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 童謡がなぜ消えたのか? | トップページ | 子どもの県名認知度 »

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31