無料ブログはココログ

« レベッカ・ローミン | トップページ | 頂天眼 »

2013年11月14日 (木)

フィリピン台風ハイヤン

96958a9c9381959fe3e3e2e3e68de3e3e_2    11月8日フィリピン中部レイテ島に上陸した台風30号ハイヤン(フィリピン名はヨランダ)は10日にはレイテ島北東部タクロバンを直撃し、段波と呼ばれる高潮がツナミのように押し寄せた。20日現在、死者4011人(うちレイテ島が3310人、サマール島が411人)、行方不明者は1602人、けがは1万8557人、被災者は967万人以上という壊滅的被害を残している。なお生活物資は不足し、腐敗しつつある遺体で衛生状態の悪化が懸念されている。

   わたしが小学生のときフィリピンの首都はマニラではなく、ケソンシティと暗記していた。調べたら1948年から1976年までケソンシティが首都で、地名はコモンウエルス(独立準備政府)初代大統領のマニュエル・ルイス・ケソン・イ・モリ(1878-1944)の名前から付けられている。フィリピンは1898年の米西戦争でアメリカに割譲され、以後40年間アメリカの植民地となった。戦後もアメリカとも関係は依然として強い。マニラは第二次世界大戦の戦禍で建物の多くが失われた。そのためマニラ北東郊外のケソンシティが首都とされたのだが、政府機関の移転が成功せず、実際上の首都はずっとマニラにあった。(Haiyan,Tacloban)

« レベッカ・ローミン | トップページ | 頂天眼 »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レベッカ・ローミン | トップページ | 頂天眼 »

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31