無料ブログはココログ

« 子どもの県名認知度 | トップページ | なぜ世界地図の上は北なのか? »

2013年11月 3日 (日)

甲斐郷土研究の先駆者・土屋操「甲斐史」

   土屋操(1881-1949)は坪内逍遥門下の英文学、歴史学者。著作は以下のとおり。甲斐の郷土史が多いのは、祖先が武田家に仕えた武将・土屋昌次(1544-1575)であるから。俳優の土屋嘉男はその子。

甲斐国史解・年代基準 徴古堂 明治40年
日本歴史要解 昭文堂 明治43
歴史地理の甲斐 徴古堂 明治43年
甲斐史 朗月堂書店 大正4年
武田史蹟 金港堂書籍 大正8年
甲斐郷土史・国史連絡 柳正堂書店 昭和8年
日本歴史と郷土史との連絡 山梨県 昭和8年

« 子どもの県名認知度 | トップページ | なぜ世界地図の上は北なのか? »

人国記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子どもの県名認知度 | トップページ | なぜ世界地図の上は北なのか? »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31