無料ブログはココログ

« ウェスターマーク効果 | トップページ | サラダが食卓にあげられたのはいつ頃からか? »

2013年10月18日 (金)

夕張市の人口推移

Yubari

  本日は「統計の日」。統計といえば国勢調査だが、もっとも人口の増減が大きいのは炭鉱などの町である。ここでは北海道夕張市の人口推移を調べる。1943年に市制施行。最盛期には人口11万人を超えたが、炭鉱産業が衰退してからは、スキー場などリゾート施設を沢山作って多額の借金を抱え込む。2007年3月6日をもって財政再建団体に指定され、事実上の財政破綻した。人口は2013年9月30日で、9968人となり、1万台をついに割り込んだ。

 年度   人数

1945年   74,665
1950年    99,530
1955年  107,332
1960年  107,972
1965年   85,141
1970年   69,871
1975年   50,131
1980年   41,715
1985年    31,665
1990年   20,969
1995年   17,116
2000年   14,791
2005年   13,001
2010年      10,922 

« ウェスターマーク効果 | トップページ | サラダが食卓にあげられたのはいつ頃からか? »

「地理」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく読ませていただいてます。
北炭夕張の事故、財政破綻の成れの果て。むしろまだ市として残っているのが不思議なくらいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウェスターマーク効果 | トップページ | サラダが食卓にあげられたのはいつ頃からか? »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31