無料ブログはココログ

« フルネームで覚える「ペリーとシーボルト」 | トップページ | 避難指示と避難勧告 »

2013年10月15日 (火)

戦争を惹き起こした癌

 聡明なプロシアのフリードリヒ皇太子は、左の声帯に腫れ物ができた。咽喉の専門家モレル・マッケンジーは癌の徴候はないと誤診して、そのために手術は行われなかった。フリードリヒは王位について(フリードリヒ3世)わずか99日後に咽喉の癌で死んだ。こうして、彼の息子で、知性ではるかに劣り、戦争好きのヴィルヘルム2世の運命的な統治が始まった。もし医師が手術をしていたら、フリードリヒ3世命は救われ、世界は第一次世界大戦の恐怖から逃れられたかもしれない。

« フルネームで覚える「ペリーとシーボルト」 | トップページ | 避難指示と避難勧告 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フルネームで覚える「ペリーとシーボルト」 | トップページ | 避難指示と避難勧告 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31