無料ブログはココログ

« 花咲く書道 | トップページ | ブルマー栄枯盛衰記 »

2013年10月 3日 (木)

卵の値段

1   来年の消費税増税で、便乗値上げがもう始まっている。昭和45年ころのテレビドラマを見ていたら、コーヒー1杯がちょうど100円だった。コーヒー1杯の値段で戦後の物価の変遷がわかるだろう。昭和29年頃は50円。昭和45年頃は100円。昭和50年頃は200円。昭和62年頃は300円。現在は400円ぐらい。もちろん高級店はいくらもあるだろうが。ちなみに少年マガジンが昭和34年創刊当時、40円で現在は260円。戦後から今日までの68年間、価格が変わらず安定しているのは鶏卵だけである。下のグラフは昭和35年から平成22年までの食品を主にした物価の推移を示すものであるが、「卵は物価の優等生」といわれていることがよくわかる。丸田勲によると、江戸時代、卵は1個400円だった。

20130121002435_2

« 花咲く書道 | トップページ | ブルマー栄枯盛衰記 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

卵が安いのはありがたいですね。
( ^ω^ )

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花咲く書道 | トップページ | ブルマー栄枯盛衰記 »

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31