無料ブログはココログ

« 女性はなぜ美男に惹かれるのか?伊井蓉峰から木村拓哉まで | トップページ | ベトナム最後の皇帝バオ・ダイ »

2013年10月21日 (月)

20世紀の学者たち人名一覧

Px250_ph1    ジェイムズ・アベグレン(1926-2007)。アメリカの社会人類学者。日本企業の経営組織や労務管理を調査し、戦後の日本企業の特徴を明らかにした。終身雇用制とこれを支える温情的家族主義が欧米企業との決定的相違点であるという。晩年は、米国籍を棄て、日本人の妻と東京で暮らした。「日本の経営」(1958)はベストセラー。

1900年、フロイトの「夢判断」が出版される。フロイト以降の学者人名リスト。

ジグムント・フロイト 1856-1939
ソースティン・ヴェブレン 1857-1929
アンリ・ルイ・ベルクソン 1859-1941
ジョン・デューイ  1859-1952
エトムント・グスタフ・アルブレヒト・フッサール 1859-1938
エドワード・アレクサンダー・ウェスターマーク 1862-1939
マリードリヒ・マイネッケ 1862-1954
ハインリヒ・リッケルト 1863-1936
マックス・ヴェーバー 1864-1920
ベネデット・クローチェ 1866-1952
アルフレッド・ヴェーバー 1868-1958

アルフレッド・アドラー 1870-1937
クラーク・ウィッスラー 1870-1947
アーネスト・ラザフォード 1871-1937
バートランド・アーサー・ウィリアム・ラッセル 1872-1970
マックス・アドラー    1873-1952
ヨハンナ・グナール・アンダーソン 1874-1960
アルベルト・シュバイツァー 1875-1965
レオポルド・フォン・ヴィーゼ 1876-1969
モーリス・アルブヴァクス 1877-1945
リュシアン・フェーヴル 1878-1956
アルベルト・アインシュタイン 1879-1955
アレクサンダー・フレミング 1881-1955
ジョン・メイナード・ケインズ 1883-1946
カール・ヤスパース 1883-1969
ニールス・ヘンリク・ダヴィド・ボーア 1885-1962
パウル・ティリッヒ 1886-1965
カール・バルト 1886-1968
カール・シュミット 1888-1985 
アルフレート・ロータル・ヴェーゲナー 1889-1930
マルティン・ハイデッガー 1889-1976
エミール・ブルンナー  1889-1966
アーノルド・ジョセフ・トインビー 1889-1975
ネルス・アンダーソン 1889-1986
ダウエント・ステイントロップ・ホイットルセー 1890-1956
フランツ・アレクサンダー 1891-1964
ジェームズ・チャドウィック 1891-1974
ノーバート・ウィーナー 1894-1964
アレクサンドル・イヴァノヴィッチ・オパーリン 1894-1980
カール・アウグスト・ウィットフォーゲル 1896-1988
テオドール・アーベル 1896-1988
ヨアヒム・ワッハ 1898-1955
ノエル・ジョゼフ・テレンス・モンゴメリー・ニーダム 1900-1995
エンリコ・フェルミ  1901-1954
ヴェルナー・カール・ハイゼンベルク 1901-1976
タルコット・パーソンズ 1902-1979
カール・サムナー・シャウプ 1902-2000
テオドール・アドルノ  1903-1969
ジャン・ポール・シャルノム・エマール・サルトル 1905-1980
レイモン・アロン 1905-1983
ハンナ・アーレント 1906-1975
ハンス・アスペルガー 1906-1980
ソロモン・アッシュ   1907-1996
ジョン・ケネス・ガルブレイス 1908-2006
クロード・レヴィ・ストロース 1908-2009
シモーヌ・ヴェイユ 1909-1943
コンラッド・アレンスバーグ 1910-1997
ガブリエル・アーモンド 1911-2005
ハンス・アイゼンク   1916-1997
デイヴィッド・イーストン 1917-
ルイ・アルチュセール 1918-1990
アーサー・クロンキスト 1919-1992
アレックス・インケルス 1920-
ローレンス・ロバート・クライン 1920-2013
シュメール・ノア・アイゼンシュタット 1923-2010
ハロルド・L・ウィレンスキー 1923-2011
マイケル・アージル   1925-2002
ミッシェル・フーコー   1926-1984
ジェイムズ・アベグレン  1926-2007
サミュエル・フィリップ・ハンティントン 1927-2008
エズラ・ファイヴェル・ヴォーゲル 1930年生

イエジ・J・ヴィアトル  1931年生

  

« 女性はなぜ美男に惹かれるのか?伊井蓉峰から木村拓哉まで | トップページ | ベトナム最後の皇帝バオ・ダイ »

人国記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女性はなぜ美男に惹かれるのか?伊井蓉峰から木村拓哉まで | トップページ | ベトナム最後の皇帝バオ・ダイ »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30