無料ブログはココログ

« 東京五輪決定と未来予想図 | トップページ | 午砲(ドン) »

2013年9月 8日 (日)

オリンピック・レガシー

Legacyposter   「レガシー(legacy)」という英単語が話題となっている。もちろん自動車ではない。

   ロンドン郊外の豪邸。むかしこの館の女主人マギーが火刑に処せられたが、自分の霊魂を相続人としてある女を選ぶ。選ばれた女は当時「卒業」で人気だったキャサリン・ロス。このオカルト映画の題名は「レガシー」(1978年)。意味は「遺産」「過去からの遺物」。

   ブエノスアイレスIOC総会での招致プレゼン。「私たちは、大会開催によって、都市とスポーツに新しいレガシーをもたらします。45億ドルもの大会準備基金がそれを可能にします」猪瀬東京都知事はこうスピーチした。つまり1964年の東京大会の経験を受け継いで、過去からの遺産を新しい遺産とする、という意味なのだが外国人にはとても違和感がある表現らしい。「レガシー」は基本的に「過去からの遺産」であって「未来への遺産」としての意味なく、使われない表現なのだ。しかし日本では数年前から論文などで「オリンピック・レガシー」は流行語のように用いられている。例えば、「オリンピック開催により築いたハード・ソフト両面のレガシー(遺産)をいかに次世代に継承するか」というように使われている。しかし英語ではあくまで「遺産」の意味でしかなく、「新しいレガシーをもたらす」という表現はしない。

« 東京五輪決定と未来予想図 | トップページ | 午砲(ドン) »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京五輪決定と未来予想図 | トップページ | 午砲(ドン) »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31