無料ブログはココログ

« はじめよう英会話 14「トイレはどちらですか?」 | トップページ | 幕末の南朝正統論 »

2013年9月17日 (火)

森鴎外の雅号と実弟

   森鴎外の鴎外、鴎外漁史は雅号であり、本名は森林太郎である。諱(いみな)は高湛(たかやす)といい、姓は源である。雅号はこの他にも紺珠居士、観潮楼主人その他いろいろと使っているが全部でいくつあるか調べてみたい。ところで、雅号を持つということは中国、韓国、日本の古い文人墨客の伝統であって、この伝統が廃れたのは大正末期ころだといわれている。

    森鴎外の雅号は、学生時代には参木舎、五木生、索舟居士、転丸堂主人など。花園町・太田原在住のころは顕微斎主人、侗然居士、忍岡樵客、緑外樵夫、湖上逸民、台麓学人、小林紺珠、鐘礼舎、浮漚子、須菩提、艮崖など、団子坂移住後は観潮楼主人、千朶山房主人、隠流(小倉左遷時代)、妄人、芙蓉、ゆめみるひと、腰弁当、帰休庵、挟書生などを号した。

    鷗外には5歳下の弟がいる。森篤次郎(1862-1908)で別名、三木竹二という。歌舞伎の劇評家として知られ、40歳で亡くなっている。

           

« はじめよう英会話 14「トイレはどちらですか?」 | トップページ | 幕末の南朝正統論 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はじめよう英会話 14「トイレはどちらですか?」 | トップページ | 幕末の南朝正統論 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31