無料ブログはココログ

« マケドニア独立記念日 | トップページ | オリンピック・レガシー »

2013年9月 8日 (日)

東京五輪決定と未来予想図

T_rtr201309020044   IOC総会(ブエノスアイレス)で2020年五輪・パラリンピックが東京と決まった。1回目の投票でマドリードが除外。イスタンブールと東京との決戦投票の結果、60対36票と圧勝、東京が1964年以来56年ぶり五輪開催地に決定した。高い都市機能と強固な財政基盤が強みであった。SMBC日興證券は約4.2兆円の経済効果を生み出すと試算している。

   岸信介のときに東京五輪が決まって、孫で2回目となるのも運命的である。プレゼンにおけるスピーチや映像の技術など生中継で一晩中見た。ロゲ会長が「TOKYO」と読みあげた瞬間、思わず「やった!」とガッツポーズ(はたして自分は生きているだろうか)。世界はおよそ216の国と地域からなるが、7年後は世界中から多くの人々をおもてなしすることになる。とくに10代の若い世代の人にとって夢と希望が持てる未来予想図を描くことができる。五輪開催の準備はいろいろと大変だろうが、とりあえず今は素直によろこびたい。

  英語で言うと Olympic Games。ゲームは基本的意味は「遊び」であるが、「試合、競技」の意味もある。

The Olympic Games are held every four years.

オリンピックは4年に1度開催される

Internationl Olympic Committee selects Tokyo as host of 2020 Summer Olympic Games.

IOCは2020年夏のオリンピック開催国に東京を選んだ

22fe7ced

« マケドニア独立記念日 | トップページ | オリンピック・レガシー »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マケドニア独立記念日 | トップページ | オリンピック・レガシー »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31