無料ブログはココログ

« ナイターか、ナイト・ゲームか | トップページ | 怖いお盆帰り »

2013年8月17日 (土)

歴史資料と憲政資料室

089001l高木惣吉の日記

  戦後の社会的混乱の中で、貴重な文書類が散逸の危機にあったが、1947年、国立国会図書館内に憲政資料室が開設された。幕末期から現在にいたるまでの政治家、軍人、官僚などが所蔵していた文書類を中心とする。開設にあたっては大久保利通の孫である歴史家・大久保利謙(1900-1995)の尽力があったことも特筆される。

    どのような資料が所蔵されているかは国立国会図書館のホームページでわかる。「高木惣吉関係文書」によると昭和19年8月末、海軍少将・高木惣吉(1893-1979)は井上成美海軍次官より終戦工作の密命を受け、重臣・軍人・皇族等の間を往復しながら奔走した。日記には昭和20年5月5日から8月17日までの行動が記されている。

(参考:「高木惣吉 日記と情報」伊藤隆編 みすず書房 2000年7月)

Okubotoshitake_2 Kenseihistory1
    大久保利武         大久保利謙

« ナイターか、ナイト・ゲームか | トップページ | 怖いお盆帰り »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナイターか、ナイト・ゲームか | トップページ | 怖いお盆帰り »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31