無料ブログはココログ

« 「はだしのゲン」歴史認識問題 | トップページ | グロティウスとウェストファリア条約 »

2013年8月27日 (火)

織田作之助とライスカレー

Osk201302050038     織田作之助(1913-1947)は三高(京都大学)在学中に酒場ハイデルベルクの女給・宮田一枝と駆け落ちする。一枝との同棲体験から名作「夫婦善哉」が誕生する。小説にも登場する自由軒の名物カレーとはどのようなものであろうか。

    作之助はカレーを食べながら執筆するので、その際に皿を見なくて口にカレーを運べるようにライスとルーをあらかじめかき混ぜて出すように頼んでいた。自由軒の名物カレーとは、白飯にカレールーを混ぜ込み、真ん中を窪ませて生卵をひとつおとしこんだものである。当時25銭。小説「夫婦善哉」には「自由軒のラ、ラ、ライスカレーは御飯にあんじょうま、ま、ま、まむしてあるよって、うまい」とある。NHKドラマ「夫婦善哉」も忠実に再現している。

« 「はだしのゲン」歴史認識問題 | トップページ | グロティウスとウェストファリア条約 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「はだしのゲン」歴史認識問題 | トップページ | グロティウスとウェストファリア条約 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31