無料ブログはココログ

« 下田歌子と津田梅子 | トップページ | 歴史資料と憲政資料室 »

2013年8月17日 (土)

ナイターか、ナイト・ゲームか

   プロ野球ナイター記念日は、日本で1948年8月17日、横浜ゲーリック球場で日本初のプロ野球公式戦のナイトゲーム開催されたことを記念する記念日である。なお「ナイター」という言葉が初めて使われたのは、2年後の「週刊ベースボール」誌上である。つまり言葉「ナイター」は1950年生まれだが、いまでも言葉としては生きているので没年はなし。ただしNHKなど放送業界ではナイターではなく、ナイトゲームと言っている。理由は和製英語のためらしい。

   「ナイター」だけでなく、戦後新しい言葉が数多く生まれた。映画、ドラマの中で使われる言葉は時代考証が適正になされているだろうか。ドキュメンタリーではなく、フィクションなのであまり厳密でなくてもいいのではという意見もある。だがセットや小道具には注意をはらうものの、言葉には当時使われていない表現もよく見受けられる。朝ドラ「梅ちゃん先生」昭和30年ころ、充電器も普及していない時代に「充電期間」(陽造のことば)という言葉が使われ、リアリティの欠如が感じられた。「雪解け」(信朗のことば)は昭和31年、メディアで使用されていた。「雪解け平和と鳩山新訓令」中西重思、日本及日本人1955年10月、雑誌記事がある。「梅ちゃん先生」のHPをみると「梅ちゃん新聞第20号」昭和31年の出来事とあり世相・風俗をドラマに盛り込むのがコンセプトの一つのようである。

« 下田歌子と津田梅子 | トップページ | 歴史資料と憲政資料室 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 下田歌子と津田梅子 | トップページ | 歴史資料と憲政資料室 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30