無料ブログはココログ

« 中央アフリカ共和国の危機 | トップページ | チープになった「思い出のメロディー」 »

2013年8月13日 (火)

世界地名ルーツ「リベリア」

    アフリカ南西部、大西洋岸の国。リベリアが独立したのは1847年、アフリカ大陸ではエチオピアに次いで2番目に古い独立国である。19世紀初頭からアメリカでは奴隷解放の気運が高まってきていたが、1822年、アメリカ植民地協会が解放奴隷をいまのリベリアに植民させた。この解放奴隷が中心になってつくったのがリベリアである。国名を造語した人は、カーリー神父で、ラテン語のリベルliber(自由な)に、地名接尾辞イア-iaを合成し、「自由の国」の意味を持たせた。首都は当時のアメリカ大統領ジェームズ・モンローの名にちなんでモンロビアとした。Liberia,father Curley,Monrovia

« 中央アフリカ共和国の危機 | トップページ | チープになった「思い出のメロディー」 »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中央アフリカ共和国の危機 | トップページ | チープになった「思い出のメロディー」 »

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31